骨肉腫 初期症状

スポンサーリンク




骨肉腫 初期症状

骨肉腫 初期症状について。

 

 

 

 

骨肉腫とは、骨組織にできる悪性の腫瘍の事です。

 

 

骨原性肉腫は、多発性骨髄腫と悪性リンパ腫を省く骨組織の悪性腫瘍のうち、最も発症頻度数が高い一つとなっています。
出現率の高いもの病みではありませんが、お子さんの悪性腫瘍のうちで白血病の次に数多い病気です。
1年間に、人口100万人あたり3人の頻度数で突発するもの病みで、年頃に関係なく突発しますが、
患者の60%が10代、15%が20代と若者が多いのが特性です。

 

 

 

 

悪性腫瘍と良性腫瘍の見分け方としては、
移動しない物を良性、移動する見込みがある物を悪性と判定する事になります。

スポンサーリンク




 

骨肉腫の原因は、はっきりしていませんが、骨原性肉腫になりやすい遺伝因子が存在すると言う理論があります。
水道水に含まれるフッ素が原因なのではないかとも言われていますが、日本の水道水にはフッ素は含まれていません。

 

 

 

 

骨肉腫の一般的な初期症候としては、患部の腫れと傷心です。スポーツをしていない時(寝ている時など)にも痛みます。

 

 

また血液チェックでは、ALP(アルカリホスファターゼ)と言うエンザイムが(正常値は200前後です)異常にあがっていないかをみます。
これは骨組織腫瘍の腫瘍マーカです。そして、診療の決定には生検(組織の一部を切取り調べます)を行ないます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク


スポンサーリンク